このブログの内容が難しい方へ

もし、内容が難しくて理解出来ない場合には、Cプログラミング入門以前などのプログラミングを始める前に知っておくと良い事が書いてある本を読んでから、その後にやさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]などのC言語というプログラミング言語の入門書を読むことをお勧めします。また、MIDIの知識がない人は、コンプリートMIDIブックなどがお勧めです。そこまで理解できれば、KSP特有の作法は、このブログを参考にすれば大丈夫だと思います。

2011年9月5日月曜日

ui_waveformとattach_zone()

ui_waveformは、波形を表示するものです。第1引数には幅、第2引数には高さを指定します。どちらも最大値は6です。それ以上の値を指定すると表示されなくなります。(ただし、set_ui_height()で高さを変更した場合は別です)

n init
  declare ui_waveform $Waveform(6,6)
end on

で、これだけだと、箱を用意しただけなので、表示する波形を指定しないといけません。attach_zoneで、第1引数にui_waveformの変数、第2引数にゾーンID、第3引数にフラグを指定します。ゾーンIDは、find_zoneにゾーンの名前を渡して、IDを返してもらいます。ちなみにfind_zoneはinit callbackでしか使えません。

on init
  declare ui_waveform $Waveform(6,6)
  attach_zone ($Waveform,find_zone(”Zone_1”),0)
end on

これで、Zone_1の波形が表示されます。ちなみにゾーン名は、「Browse」を有効にして、Monitorタブをクリック、Zonesのところに表示されてます。フラグについては、僕もはっきりと理解できていません。ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて頂ければ幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿