このブログの内容が難しい方へ

もし、内容が難しくて理解出来ない場合には、Cプログラミング入門以前などのプログラミングを始める前に知っておくと良い事が書いてある本を読んでから、その後にやさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]などのC言語というプログラミング言語の入門書を読むことをお勧めします。また、MIDIの知識がない人は、コンプリートMIDIブックなどがお勧めです。そこまで理解できれば、KSP特有の作法は、このブログを参考にすれば大丈夫だと思います。

2011年9月5日月曜日

ui_tableとset_table_steps_shown()

ui_tableの特徴は、配列を使うっていうことです。あとは特に難しくないです。配列なので、列の数も指定します。あとは第1引数に幅、第2引数に高さ、第3引数に値域を指定します。値域は、-にすると、最小値がその値で、最大値が-を取った値になります。ちょっと文字だけだと説明しにくいので、以下のコードを実行してみてください。

on init
  declare ui_table %table_1[10] (2,2,100)
  declare ui_table %table_2[10] (2,2,-100)
end on

set_table_steps_shownは、テーブルの列の数を変更する時に使います。第1引数に配列を、第2引数に変更したい値を指定します。

on init
	declare ui_table %table_1[10] (2,2,100)
	set_table_steps_shown(%table_1,5)
end on

ここで、気を付けないといけないのが、最初に配列で指定した以上の数には変更できないことです。

on init
	declare ui_table %table_1[10] (2,2,100)
	set_table_steps_shown(%table_1,20)
end on

列数を20に指定しても、変化しません。これは、配列 table_1が10までしか宣言していないからです。

0 件のコメント:

コメントを投稿