このブログの内容が難しい方へ

もし、内容が難しくて理解出来ない場合には、Cプログラミング入門以前などのプログラミングを始める前に知っておくと良い事が書いてある本を読んでから、その後にやさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]などのC言語というプログラミング言語の入門書を読むことをお勧めします。また、MIDIの知識がない人は、コンプリートMIDIブックなどがお勧めです。そこまで理解できれば、KSP特有の作法は、このブログを参考にすれば大丈夫だと思います。

2011年9月6日火曜日

set_key_color()

set_key_colorは、Kontaktのキーボードの色を変更したい時に使います。キースイッチの位置や、KSPで用意した機能を配置したキーの位置を視覚的に示すのに使えると思います。第1引数にはノートナンバーを、第2引数には色の指定をします。色の指定には、以下のものが使えます。
  • $KEY_COLOR_NONE
  • $KEY_COLOR_WHITE
  • $KEY_COLOR_YELLOW
  • $KEY_COLOR_GREEN
  • $KEY_COLOR_RED
  • $KEY_COLOR_CYAN
  • $KEY_COLOR_BLUE
  • $KEY_COLOR_BLACK
とりあえず、動作確認のためにしか使えない(笑)スクリプトをどうぞ。

on init
	declare $count
end on

on note
	set_key_color(60,$KEY_COLOR_YELLOW)
	set_key_color(62,$KEY_COLOR_GREEN)
	set_key_color(64,$KEY_COLOR_RED)
	set_key_color(65,$KEY_COLOR_CYAN)
	set_key_color(67,$KEY_COLOR_BLUE)
end on

on release
	while ($count < 128)
		set_key_color($count,$KEY_COLOR_WHITE)
		$count := $count + 1
	end while
	$count := 0
end on

0 件のコメント:

コメントを投稿