このブログの内容が難しい方へ

もし、内容が難しくて理解出来ない場合には、Cプログラミング入門以前などのプログラミングを始める前に知っておくと良い事が書いてある本を読んでから、その後にやさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]などのC言語というプログラミング言語の入門書を読むことをお勧めします。また、MIDIの知識がない人は、コンプリートMIDIブックなどがお勧めです。そこまで理解できれば、KSP特有の作法は、このブログを参考にすれば大丈夫だと思います。

2011年9月2日金曜日

search()

search()は、配列の中から、指定した値と同じ値を探し、何番目の要素なのかを返します。同じ値のものが2つ以上あった場合には、インデックスが小さい方を返します。見つからなかった場合には-1を返します。第1引数には配列を、第2引数には検索する値を指定します。以下のコードを見てください。

on init
	declare %Array_1[10] := (0,1,2,3,4,5,6,7,8,1)
	declare $Number
end on

on note
	if(search(%Array_1,1) = -1)
		message("Not Found")
	else
		$Number := search(%Array_1,1)
		message($Number)
	end if
end on

on release
	message(" ")
end on

このプログラムでは、ステータスラインに1が表示されます。Array_1[9]の1は無視されます。ついでに、以下のコードも記載しておきます。

on init
	declare %Array_1[10] := (0,1,2,3,4,5,6,7,8,1)
	declare $Number
end on

on note
	if(search(%Array_1,9) = -1)
		message("Not Found")
	else
		$Number := search(%Array_1,1)
		message($Number)
	end if
end on

on release
	message(" ")
end on

この場合は、Not Foundのテキストがステータスラインに表示されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿