このブログの内容が難しい方へ

もし、内容が難しくて理解出来ない場合には、Cプログラミング入門以前などのプログラミングを始める前に知っておくと良い事が書いてある本を読んでから、その後にやさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]などのC言語というプログラミング言語の入門書を読むことをお勧めします。また、MIDIの知識がない人は、コンプリートMIDIブックなどがお勧めです。そこまで理解できれば、KSP特有の作法は、このブログを参考にすれば大丈夫だと思います。

2011年9月9日金曜日

msb(),lsb()

14ビットの値を、msbとlsbに7ビットずつの値として、変換します。この辺りはMIDIの知識がないと分からないと思うので、分からない人は分からないままで問題ないです。

on init
  declare ui_knob $Value (0,16383,1)
end on
on ui_control ($Value)
  message("MSB: " & msb($Value) & " - LSB: " & lsb($Value))
end on

ui_knobに、14ビット分の値を設定します。で、msbで上位7ビット、lsbで下位7ビットの値を取り出しているわけです。この7ビットというのは、0~127を表現できるビット数のことですよ、と言うと、割と馴染みのある数字に見えてくると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿