このブログの内容が難しい方へ

もし、内容が難しくて理解出来ない場合には、Cプログラミング入門以前などのプログラミングを始める前に知っておくと良い事が書いてある本を読んでから、その後にやさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]などのC言語というプログラミング言語の入門書を読むことをお勧めします。また、MIDIの知識がない人は、コンプリートMIDIブックなどがお勧めです。そこまで理解できれば、KSP特有の作法は、このブログを参考にすれば大丈夫だと思います。

2011年9月5日月曜日

make_perfview

make_perfviewは、init callbackでしか使えません。で、何をするかというと、パフォーマンスビューにスクリプトで作り上げたUIを表示すると設定することになります。面白いのが、make_perfviewをそれぞれのスロット(スクリプトを埋め込めるスロットは5つありますよね?)で設定すると、設定した数だけ、パフォーマンスビューに表示できます。その場合は、タブで切り替えれるようになっています。

on init
	make_perfview
	declare ui_knob $Knob(0,100,1)
end on

試しに、これをどこかのスロットに。

on init
	make_perfview
	declare ui_table %table_1[10] (2,2,100)
	declare ui_table %table_2[10] (2,2,-100)
end on

これは別のスロットにコピペしてみてください。この状態で、パフォーマンスビューを確認してみると、効果が分かると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿