このブログの内容が難しい方へ

もし、内容が難しくて理解出来ない場合には、Cプログラミング入門以前などのプログラミングを始める前に知っておくと良い事が書いてある本を読んでから、その後にやさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]などのC言語というプログラミング言語の入門書を読むことをお勧めします。また、MIDIの知識がない人は、コンプリートMIDIブックなどがお勧めです。そこまで理解できれば、KSP特有の作法は、このブログを参考にすれば大丈夫だと思います。

2011年9月2日金曜日

if文

さてさて、今回から、次のステップですね:-) 今回はif文について学んでいきましょう。if文とは、プログラム内で「もし〜なら、このプログラムを実行してね」と、条件を指定して時と場合によって動作を指定するためのものです。
if(ここの条件を記述)
    {条件に合致した場合実行するプログラム}
end if
というように、if(条件)から始まりend ifで終わります。 では、以下のコードを見てください。

on init
	declare $Check
	$Check := 1
end on

on note
	if ($Check = 1)
		message($EVENT_NOTE)
	end if
end on

「if($Check = 1)」は、もし変数Checkの値が1なら、という意味です。init callbackで、変数Checkに値1を代入しているので、もちろん、この条件を満たしているわけです。あとはいつものようにステータスラインにノートナンバーを表示しているだけです。 では、次のコードを見てください。

on note
	if($EVENT_NOTE > 64)
		message("Note Number is " & $EVENT_NOTE)
	else
		message($EVENT_NOTE)
	end if
end on

新しく「else」というのが登場しています。elseというのは、if文の条件に合致しなかった場合に実行される動作を指定します。つまり、ノートナンバーが64より大きければ「Note Number is ノートナンバー」がステータスラインに表示され、ノートナンバーが64より大きくなかった場合には、ノートナンバーだけがステータスラインに表示されます。 他のプログラミング言語だと、もう少し複雑な制御をif文で出来るのですが、 Kontaktの場合はこれだけです。実際にKSPでプログラミングをする時には、if文はよく使いますので、がんばってしっかりと覚えてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿