このブログの内容が難しい方へ

もし、内容が難しくて理解出来ない場合には、Cプログラミング入門以前などのプログラミングを始める前に知っておくと良い事が書いてある本を読んでから、その後にやさしいC 第3版 [やさしいシリーズ]などのC言語というプログラミング言語の入門書を読むことをお勧めします。また、MIDIの知識がない人は、コンプリートMIDIブックなどがお勧めです。そこまで理解できれば、KSP特有の作法は、このブログを参考にすれば大丈夫だと思います。

2011年9月2日金曜日

文字列変数と文字列配列

文字列と聞くと、「なんじゃそりゃ?」って感じるかもしれませんが、要はテキストのことです。今まで勉強してきた人にとっては、文字列は簡単です。文字列変数を宣言する時には、「declare @String」とすればいいだけです。

on init
	declare @text
	@text := "Note Number"
end on

on note
	message(@text & $EVENT_NOTE)
end on

on release
	message(@text & $EVENT_NOTE)
end on

文字列変数textを宣言して、文字列"Note Number"を代入しています。あとは、ノート・オン時にノートナンバーをステータスラインに表示します。$EVENT_NOTEとは、組み込み変数の1つです。組み込み変数とは、予めKSPに定義された変数のことで、全て大文字になります。$EVENT_NOTEは、callbackを起動したイベントのノートナンバーが格納されます。 文字列配列は、「declare !text[2]」のように、配列のサイズを指定して宣言しなければなりません。以下のコードを見てください。

on init
	declare !text[2]
	!text[0] := "Note Number"
	!text[1] := "Release Note Number"
end on

on note
	message(!text[0] & $EVENT_NOTE)
end on

on release
	message(!text[1] & $EVENT_NOTE)
end on

前回の配列の記事を読んでいる人は、特に解説しなくても、何をやっているかわかると思います:-) これで、KSPに用意されている変数の機能(組み込み変数は除く)は、全て理解出来たことになります。お疲れ様でした!

0 件のコメント:

コメントを投稿